俺様的生活

one for all all for ジャッカル

酒でテンション上がり奴~wwww

ということで金曜日にじむとあけちと飲みに行ってたんだけどさ




マジで選んだ店がすごくよかった 本気で




探してた段階で「めっちゃ酒の種類あるやんけ!!」ってなってたんだけど、ほんとに多くてよかった





じむ「もう最初何飲むか決めたん?」


俺「ズブロッカやね」


※ズブロッカとは ウォッカの中にバイソングラスという草をつけこんだもの 桜餅のような香りがする 度数40



じむ「あー 俺もそれ気になってたんよね」


あけち「二人が飲むなら俺ももう飲むしかないじゃんww」



ということでズブロッカを注文しようとしたところ


店長さん「あーズブロッカですね」


店長さん「この店ね、初めてのお客さんにはテキーラのショットをサービスしてるんですよ」


店長さん「今回皆さんズブロッカなんで、そのサービスをズブロッカのショットにするんでどうですか」


俺ら「マジですか!ありがとうございます!」


店長さん「まぁズブロッカ自体は桜餅みたいな香りがするクセがある酒で、僕個人的にはあまり得意じゃないんですけどねwww」



ということでズブロッカをショットで飲み


俺「あ~確かに桜餅だww」


あけち「あ~・・・桜餅だわwww」


じむ「あの周りの葉っぱの部分の感じwww」




そこから飲み始めたんだけども


俺「ピニャコラーダで」


じむ「何それ?」


俺「ココナッツミルクとラム酒のカクテルやね」


じむ「へ~ じゃあ俺はブルドックで」 ※ウォッカとグレープフルーツ(だったはず)


あけち「オレンジブロッサムで」 ※ジンとオレンジジュース



あけち「じゃあ皆さん就活も無事終わったということで 乾杯で」


俺ら「乾杯~」



じむ「ちょっと飲ませてくれ~」


俺「どうぞどうぞ あーブルドッグはグレープフルーツやね」


あけち「これも飲んでみwwマジでオレンジジュースwww」


じむ「そんなわけないやろww」


俺「これは・・・オレンジジュースだねぇwwww」



俺「ってかせっかく珍しいカクテルあんのにオーソドックスなの頼むんやなwww」


じむ「確かにwwもっと奇抜なのいこうww」


俺「じゃあ俺はロングアイランドアイスティーで」


じむ「何それ?紅茶か何か入ってんの?」


俺「確かお茶成分を入れてないのにお茶の色と味を再現したカクテルだった気がする」


じむ「よー知ってんなぁ 一口飲ませてクレメンス 俺はブルーハワイで」 ※ブルーキュラソーとラム酒


あけち「じゃあ俺はモスコミュールで」 ※ウォッカとライムジュースとジンジャエール


俺「また普通の飲んどるやんけwww」



あけち「ところで、トルサデポワンツって知ってる?www」


俺「あれでしょ、QT延長時に起こりやすい不整脈でしょ?」


じむ「ほら見ろ やっぱ学年一位は違うわwwww」


俺「いやいやwww3年前の授業で言ってたからねwwww」


じむ「なんかねwwそれが国試の本に載っててさww」


あけち「赤文字でねww」


じむ「それを覚えてテンション上がったのか知らんけどずっとそればっか言ってくるwww」


俺「まぁぜってー出ないけどなwwww」



俺「じゃあ次は・・・シーブリーズってなんやwww飲んでみようwww」 ※ウォッカとクランベリージュースとグレープフルーツジュース


じむ「俺はカミカゼでww」 ※ウォッカとコアントロー(オレンジの皮のリキュール)とライムジュース


店長さん「おっ、カミカゼいいですね!僕が一番好きなカクテルですよ!」


じむ「本当ですか!やったぜ。」


あけち「じゃあ俺はマティーニで」 ※ジンとベルモット(白ワインとハーブの酒)



俺「シーブリーズ飲みやすいわ」


じむ「クランベリーの味やね」


俺「じゃあ次はエル・ディアブロで」 ※テキーラとカシスとジンジャーエール


じむ「じゃあ俺は桂花陳酒で」 ※白ワインにキンモクセイを漬け込んだ酒


あけち「なんかおすすめありますか?」


店長さん「そうですね、メニューには載ってないですけど ストーンズのジンジャーエール割がありまして」


俺「あー ジンジャーワインや」


店長さん「そうなんですよ それがおすすめですね」


あけち「じゃあそれで!」



あけち「もうね、ジンジャーエールだわww」


俺「まぁジンジャーワインをジンジャーエールで割ったらジンジャーやろなぁ(語彙崩壊)」


じむ「これはwww」


俺「桂花陳酒はなんか・・・トラックの運転席の香りがするなwwwww」


じむ「トラックの運転席ってこんなんか?wwww」



俺「じゃあ次はグランマルニエで」 ※ブランデーの一種のコニャックにオレンジ成分を加えた酒


店長さん「炭酸割りかトニックどっちがいいですか?」


俺「じゃあトニックで!」


じむ「俺はベイリーズで」  ※クリーム系のリキュール 若干バニラのフレーバー


あけち「じゃあ俺はアドヴォカートで」 ※卵黄、スピリッツ、砂糖、ブランデーから作られる酒


店長「それね、ミルク割とかが女性にめっちゃ人気ですよ!」


あけち「おっ、じゃあ僕も女性人気にあやかって」





あけち「やべぇ、これ無限に飲めるやつだ」


じむ「これもめっちゃ飲みやすいわ」


あけち「飲みやすすぎて終わったから次頼むわ タンカレージンのジントニックで」


俺「あれ?ジントニック苦手じゃなかった?」


あけち「いやもうね、地元で飲んだ時吐くかと思ったwwww」


じむ「なんで頼んだんだよwww」


あけち「やっぱいいところの店で飲めばおいしいんじゃないかと思って」


俺「確かにwww俺もカクテル〇ートナーの缶のジントニック飲んでキレそうになったもんwwww」


じむ「wwwwwwwwww」




あけち「おっ、めっちゃ飲みやすい!!」


俺「本当やんけ!やっぱ違うな!!」


じむ「あ~ すげぇわww」





俺「よし、じゃあ次はダイキリで」 ※ラムとライムジュース


じむ「俺はホワイトレディで」 ※ジンとホワイトキュラソーとレモンジュース


あけち「セックスオンザビーチで」 ※ウォッカとメロンリキュールとフランボワーズ酒とパイナップルジュース


店長さん「あー ホワイトレディね、いつもはコアントロー使うんですけどちょっと切らしてまして」


店長さん「代わりに味は同じのお酒を使うんですけどそれでも大丈夫ですか?」


じむ「全然問題ないですよ」



で、シェイカーでシャカシャカやったのを机まで持ってきて、机でそそいでくれるというガチっぷり


店長さん「なんか濁ってますけどねww本当はコアントロー使ってもっと透明ですからねww」



俺「あー ダイキリってこんな感じなんやな」


じむ「この飲み物おしゃれすぎるわww写メっとこwww」


俺「あけちが全然酒進んでないwww無理すんなよww」


じむ「しかし君は全然変わらなすぎるやろ」


あけち「いやいや、俺はこいつより酒に強いやつを見たことがないぞ」


俺「なんでや!涼子強いやろ!!」


じむ「なんでやwwwwこの前謎メンツで飲みに行った時もお酒最初一杯しか飲んでなかったやろ!!ww」


俺「しかもあやさんが炭水化物ばっか頼んでwww『うちお腹すいててん』とか言ってwww」





俺「じゃあ次はガルフストリームで」 ※ウォッカ、ピーチリキュール、ブルーキュラソー、グレープフルーツジュース、パイナップルジュース


じむ「俺もそれで」


あけち「トマトニックで」


店長さん「トマトニックはノンアルですけど大丈夫ですか?」


あけち「はい」




あけち「あ~ さっぱりするわww」


俺「ガルフストリームは思ったよりクセがあるなww」


じむ「色は綺麗な青色なんだけどww」





ということで


ズブロッカショット
ピニャコラーダ
ロングアイランドアイスティー
シーブリーズ
エル・ディアブロ
グランマルニエ
ダイキリ
ガルフストリーム


を飲んできました。


あれ?ヤバない?




コメント返信


シナモン>逆転は・・・別にいいけどもう正直顔も見たくないレベル (´ω`┌)ゲッソリ


夏芭>週休0日制 (6週間連続)とかもうね・・・ もうばかばかしいので土日は意地でも行かないことにした(´・ω・`)

咎なくて死す

ストレスマッハで寿命ガン縮み




データ報告とかいうのがあったんすよね





まあ内容が専門的なので要所要所置き換えて話していきたいと思います





カレーを作るとして、まずどの種類のルーがいいのか、水はどのくらい入れるのかを検討します



この作業を俺は4週間以上かけて行っていたわけですね



そのあとで、その選んできたルーと水の量でつくったルーに、具材を加えたら何故か緑色のカレーになったとしよう



具材は今まで使っているという報告を聞いたことがないほど珍しい物を数種類入れたとしよう


また実際に具材を入れてカレーを作ったのは一回だけだとしよう



その前提で話を聞いてほしい




俺「今回のデータはこういう結果になりましたが、一例しか行えていないので例数を重ねてみていきたいと思います」


先生「この画像は何?おかしいよね?これについてはどう考えてる?」


俺「そうですね、前に具材を入れずに作った時はうまくできたので、そのレシピを使って具材を入れたらこうなりまして」


俺「まだ一度しか作っていないので今後行った際にどうなるかを見ていきたいと考えています」






先生「言ってる意味が分からないんだけど」


俺(は?)


先生「さっきから『今回は』『今回は』って言うけどそれは逃げにしか聞こえないし」


俺(一回しか作ってないし、だれも使ったことない具材使ってるから前例もないし 今回っていうしかないんだが)


先生「だからこの色がおかしいって話をしてるんだよね 何も考えずに作ってたの?」


俺「今回作る前に、ルーと水のみで検討を行って、そこで適したものを使ったので」


先生「言ってる意味が分からないんだけど 社会に出たらそんなの通用しないよ」


俺(大学卒業してから研究室にしかいない人に社会とか言われたくないんだけど・・・しかも意味わからないのはこっちなんだけど・・・


先生「あなたがやってることは、助教から作れって言われたから作ってその画像を適当に貼りましたってことだよね?」


先生「何も考えずに具材入れてこの色になってさ、次回また違う色になったらどう考えるのって話をしてるわけ」


俺「今回この結果になったのはもちろん作ること自体に失敗した可能性もあるとは思いますが具材の影響という可能性も」


先生「だから『今回』とかじゃなくてこのデータ自体がどうなのかって聞いてるわけ」


俺(一回しか作ってないから今回としか言いようがないし、これだけで判断できるなら例数重ねる必要ないんだけど)


先生「何も考えずにルー作って具材放り込んでそれでこの結果が出て、どうなの?って言ってるわけ」


俺「つまり具材なしで比較してよかった条件を、具材を入れる際には流用してはいけないということですか?(半ギレ」


助教「ちょっと待ってください」


助教「今回この実験を行う前に、ルーの条件も比較してもらってますし、水の量の検討もしてもらってます」


助教「その際にもっともいい条件の物ができたので、今回じゃあ具材も入れてみようっていうことでやってもらってるんです」


先生「あぁ、そう・・・ そういうことね ちゃんと検討してるのね それを言ってくれないと」


俺(何回も検討はしたって言ったし、言うたびに『言ってる意味が分からない』とか言ったのそっちなんですけど)


俺(しかも俺と助教が言ったこと内容も言い方もほぼ一緒なのに俺の時だけ言ってる意味がわからない意味が分からない)


俺(俺が話しても言ってる意味が分からないんだったら、こんなのに一時間半もかけて説明する必要ないやろ・・・)


※急に専門に戻します


先生「でこの抗体は今回三種類あるわけね」


俺「三種類あったのでそれぞれアルファベットを振り分けたうえで染色の染まり具合を確認しました(半ギレ&早口)」


俺「そこから染まりが良かったものを二種類選んで、さらに二次抗体に関しても500倍希釈と2000倍希釈で検討を行いました(半ギレ&早口)」


俺「今回はその条件検討で最も条件が良かったと思われる抗体の濃度と種類を用いて実験を行いました(半ギレ&早口)」


俺「しかしご覧の通り画像ではH.3.P.陽性細胞がU.0.1.2.6.処置群においてA.A.及び6.-.O.H.D.A投与群よりも増加していました(半ギレ&早口)」


俺「このことに関して今回の例のみで判断をするのは難しいと考えています(半ギレ&早口)」


俺「といいますのも、豚の卵母細胞においてはU.0.1.2.6がヒ.ス.ト.ン.H.3.P.のリン酸化に全く影響しなかったという論文がありますし(半ギレ&早口)」


俺「それと対照的にマウスの海馬の細胞においてはU.0.1.2.6.がヒ.ス.ト.ン.リ.ン.酸.化.を阻害したという論文もあります(半ギレ&早口)」


俺「動物種や細胞が違うことによって結果が変わってくることが予測されるためこの一例からデータを出すことは不可能と考えています(半ギレ&早口)」


俺「さらにプ.ラ.ナ.リ.アにおいてみられるこのH.3.P.陽性の細胞はネ.オ.ブ.ラ.ス.ト.の中でも有糸分裂期、つまりM期にあたる細胞です(半ギレ&早口)」


俺「この細胞は、頭部などが切断された際にその部位に集積しブ.ラ.ス.テ.ー.マ.と呼ばれる芽体を形成します(半ギレ&早口)」


俺「そのブ.ラ.ス.テ.ー.マ.の中に集積したネ.オ.ブ.ラ.ス.トが分化していって、その結果として再生が起こると考えられています(半ギレ&早口)」


俺「しかし、傷口から遠いネ.オ.ブ.ラ.ス.トは、これらのブ.ラ.ス.テ.ー.マ.形成のために遊走しないことが分かっています(半ギレ&早口)」


俺「今回の画像においては尻尾にネ.オ.ブ.ラ.ス.トとみられるものが残っていることが見て取れるので、これはその影響であると考えました(半ギレ&早口)」


俺「また、薬物投与する際には針を使い、顕微鏡で観察した際にはその傷口に染色陽性の塊が見て取れました(半ギレ&早口)」


俺「そのことからも、傷口にネ.オ.ブ.ラ.ス.ト.が集積した結果今回は胴体において検出されなかった可能性も考えられます(半ギレ&早口)」


俺「これらを踏まえると、この一例のみで考えるのは不可能だと思いますので例数を重ねます(半ギレ&早口)」


俺「染色の失敗の可能性もありますので、何も処置していないものも同時に染色して、失敗していないことを確認しようと考えています(半ギレ&早口)」


俺(なんやねんマジで もうやってられんわ)






なんかもうさ、2017年始まってから正月休みと就活除いて、まだ20日も休みをもらってないわけよ


ゴールデンウィークあけてからも40日以上休みなくずっとやってきてさ


その評価が「上から言われたことを何も考えずやってるだけの無能」ってことでしょ?




全てのやる気を失ったわ バーカバーカ



コメント返信


シナモン>文面と口語には結構差がある気がしたじぇ 


夏芭>まぁ同級生は俺以外全部女子だからしゃーないね



こんしんのつっこみ

ここ最近で俺がしたツッコミ




助教「オープンキャンパスが8月にあるから、だれか手伝いしてくれる人募集しとるんよ 時給940円」


のぞさん「じゃあ伝えときますね~」


助教「お金ももらえるし、昼ご飯も出るし、JKと触れ合うチャンスだよ!」


のぞさん「JKブランド貴重だよーって送ってみようwww」


助教「『JKと触れ合いたい人募集!!』ってwww」


俺「小出恵介かな?」


のぞさん「ちょっとwwwwリアルwwwwww」


助教「ツッコミが鋭いwwwwwwww」






助教「実習で顕微鏡使ってスケッチするんだけど、これ見てみ?」


のぞさん「え?・・・え?」


助教「これ見た時『丁寧に描いた?』って聞いたら『はい。何か変ですか?』ってww」


のぞさん「うちも絵下手やけどこれよりはうまいわwww」


俺「教育テレビのおかあさんの絵を描いた感じに似てますね」


助教「あ~www大学生じゃなくて四歳児と思って接したらよかったかなwww」


俺「四歳児にしてはうまいほうですよwww」


助教「でもこれ皆が書いてる間ほんとヒマなんよね」


かもさん「先生も描いたらいいじゃないですかwww何?えっと・・・原始に戻ってww」


俺「それを言うなら初心やろwww原始ってクロマニヨン人かな?」


かもさん「やばいやばいww」


助教「語彙力の差がwwww」






助教「なんか今まではあの機器室の担当が別の先生だったけど、今度から俺になるらしいんよ」


俺「そうなんですね まぁ一時期好き放題使われてえらい目にあってましたからね」


助教「だから今度から予約した人の名前とか全部把握できるかも」


俺「じゃあもうやりたい放題ですね!!」


助教「いやwwwさすがにやりたい放題ではwww」


かもさん「Zirconiumがそんなこと言うなんて珍しいじゃんwww」




せりさん「卒業式の袴選んできたよ~ カタログあるから見て~」


俺「え、俺が見るの?」


せりさん「この中だったらどれを着て卒業式出たい?」


俺「うーん、載ってないけどスーツかな」


かもさん「それはそうwwww」





かもさん「なんかね、うち今度親知らず抜くんだけど、顔がトゥーシャープになるらしい」


俺「トゥーシャープ??」


せりさん「ほら伝わってないよやっぱりwww」


かもさん「やばいやばいやばい やっぱり伝わんなかったwww」


俺「どういうこと??」


かもさん「too sharpねww」


俺「いきなりの英単語だったんかwww」


かもさん「ごめんね 小顔になりすぎて誰かわかんなくなるかもねwwww」


俺「それあれじゃん、なんか美容グッズつかって『若返りすぎて女優の〇〇と間違わんといてね!』とかいうおばちゃんのやつwww」



せりさん「たとえがwwww」




めざせツッコミ役


コメント返信


シナモン>言ってもカフェイン用いた人体実験(大袈裟)を行う実習だからよゆーだべ まじかもろこし茹で派閥か


もしかして:有能




どうも、いつ最後に休んだかわからない俺です



ついに授業の助手的な立ち位置で実習に参加し始めた俺なんですけども



先生も新しく変更で来た人で何も知らない状態、俺も2年前のたった3時間の実習内容なんて覚えてないわけです



その中準備を先生が来る前に完璧に済ませて、授業の説明も先生と半分半分でやって



さらに全て円滑に進行させたワイ


さらに共同機器を一つの研究室が昼~夕方まで週5日独占してたので、記録ノートにアドレス書いて


送られてきたメールに現状の説明と改善要求をした結果相手方の研究室の教授と話し合いになって


共同機器用のライングループ作ることになって全て円滑に完了させたワイ実は有能説




はいすいませんただのくそざこなめくじです



まぁそんなことは置いといて、あけちからトウモロコシをもらったんだけどさ



トウモロコシって多分普通はさ、焼くか蒸すかじゃん?



焼く設備なんてないし、蒸す設備なんてないので茹でました




そしたらめっちゃうまいの 浸透圧の関係で粒に水分入ったのか知らんけど、めっちゃシャッキシャキでみずみずしい



とうもろこしってこんなうまかったんすね(感動) 元のトウモロコシがおいしかっただけの可能性もあるけどね




それも置いといて、なんかうちのマンションの駐輪場に、登録されていない自転車がずっと置いてあるわけ



少なくとも2月頃から置いてあるわけ 登録して金払ってないのに使ってるわけよ



そんで僕も人間ですからね、たぶん俺が関係ないところにおいてあったらそんな気にならない



でも俺が6年使ってる場所に競合して置いてくるんすよ マジキレそう



そんでもってさ、管理会社が「ステッカーないぞ」みたいな紙何度もつけるんだけどさ、むしり取って無視してんのね



こういうやつって車に轢かれて死ねいったいどういう神経してるんだろうねほんと




コメント返信


夏芭>ありがとうさんやで! 自分のしたいことってなんだろう(哲学


シナモン>だが「ほら俺ってすごくね?褒めろやオラ」ってなるのが嫌いでもあるからなんだかね


Star frost

俺はきっと褒められて伸びるタイプだったんだね




※また唐突な暗い話と自分語りになります





思えば昔からそうだった 自分で言うのは憚られるが、何をさせても平気で平均より上を取ってくる子供だった




だから昔から怒られることはほとんどなかった




その一方で、その点数が俺の基準として設けられた




周りの人が俺と同じことをして褒められているのを見ていた




俺に対しては、それが基準だから褒めるということもされずにいた




逆に、少しでもできないと「どうした?」という目で見られた




その目が 失望されるのが怖かった 俺は周りより優秀であり続けなければならないと思って生きてきたのかもしれない




それを続ければ続けるほど、周りからの期待は上がり、自分の首を絞めていく結果になっていた




心のどこかでは自分を褒めてほしかったしもう頑張りたくないと思っている



褒められたいと行った努力が今、失望という大きな恐怖に変わって自分の足場を削り取っている



俺は一体何のために頑張ればいいのか分からない




いつから俺の世界はこんなに色褪せてしまったんだろう





コメント返信


シナモン>単位が出るには出席が65%必要 足りてないのにもらってる時点で頭がおかしい


夏芭>絶対無理だと思うし、出さないのが大学のためであり社会のためであると思う




プロフィール

隊長(Zirconium,ジルコニウム)

Author:隊長(Zirconium,ジルコニウム)
時は止まらず人は変われない

最近のコメント
月別アーカイブ

リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan